« 【Fukushima50】吉田所長の津波無視を庇う門田隆将の話には嘘がある【原作者】 | トップページ | 医療報道評価におけるコロラド先生の誤りと欠如モデル理論の限界 »

2020年5月10日 (日)

【安倍政権のせいだね】一緒に仕事していた人がコロナで亡くなりました【#検察庁法改正案に抗議します】

ここ暫くブログ更新できていない。

私自身は何とか感染せずにやっているが、防疫資材の選定・情報収集・手配に手間を要するようになった。

さて、最近驚いたのが私と4月まで一緒に仕事をしていた方がコロナで亡くなったこと。

プライベートは存じ上げないが、直近の渡航歴は無かったと思う。同じ部屋ではなく、Web上で連携しての仕事だったから濃厚接触はしていないが、死はすぐそこまで迫っていることを改めて認識した。

2月から備蓄マスクの投入に始まり、徹底警戒していたのは正しかった。

この他にも、隣町で起きた不審死の一報を受けて到着した交番の警官達が、防護服を着て家に入って行ったのを野次馬として目にするなど、コロナへの警戒レベルが確実に上がっていることを実感する出来事が幾つかあった。

いずれにせよ、コロナで死んだあの人は、安倍政権の無能な対応によって殺されたようなものである。

体調不良を訴えて中3日後に陽性判定だったので、日本の水準ではそこそこの結果だが、きちんと検査体制を敷いていれば2日、発症前の人も自由に受け付けていれば何日も判定が早まり、アビガン、レムデジビルなどの投与にもつなげられただろうし、そもそも防備の手薄まま社会に感染を広げることも無かっただろう。

オリンピックを開くことに拘って出遅れた癖に、ゴミカスな対策を誇る。

防護服で固めたバスでクルーズ船の乗客を横浜駅に送り届けるに始まり、牛肉を配るだの頓珍漢なことばかり繰り返す。

しかも、4日熱が続いたら電話をしてくれと自ら触れて回っておいて、「国民が誤解したから」などと堂々とうそぶく。安倍政権は閣僚も官僚もどうしようもない。後押しする医者共も同罪だ。

挙句の果てにPCR検査の機械を欧米に輸出して感謝される一方で、その機械を国内で使用出来ない様にしてしまう。

そんな奴が保身のために検察庁法を改正して黒川検事長定年を延長するという。そりゃデモも起こるわな。

コロナ禍以前から反安倍だった人達は万事これだと知っていたが、それが漸く政治的無関心層にも知られてきたのだろう。体制の犬を買って出ていた連中も、自分が安倍に保護して貰えないことを実感し始めたようだ。

さっさと感染して全滅しろバーカ。

« 【Fukushima50】吉田所長の津波無視を庇う門田隆将の話には嘘がある【原作者】 | トップページ | 医療報道評価におけるコロラド先生の誤りと欠如モデル理論の限界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【Fukushima50】吉田所長の津波無視を庇う門田隆将の話には嘘がある【原作者】 | トップページ | 医療報道評価におけるコロラド先生の誤りと欠如モデル理論の限界 »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31