« 福島第一の敷地高を決めた東電小林健三郎とはどのような人物だったのか | トップページ | 筋の悪い運動論-くたびれはてこが正しくC4Dbeginnerは誤りである »

2018年2月16日 (金)

三浦瑠麗が煽動するスリーパーセルへの反感と『原発ホワイトアウト』賞賛の矛盾

三浦瑠麗のスリーパーセル発言が批判されている。今回はそのことに触発されて書いた。

【スリーパーセルが膾炙した背景】

実は、私は別名のアカウントで書評もやっているのだが、小説『原発ホワイトアウト』は最初から低評価にしていた。この小説、日本の原発を外国のテロリストが攻撃するのだが、官僚周りの事象以外は安易な設定、著者の思い込みが目に付くのである。同様に「テロを実行するのは外国人に違いない」という前提を著者から感じる。

Amazonや読書メーターのレビューを読んでも、そのような理由による低評価は以前からあった。彼等のバックストーリーはさほど書き込まれていないが、スリーパーセルとみなし得たと記憶している。また、そもそも、日本人はテロなどしないに違いないという思い込みを誘発する設定でもある。

無自覚にスリーパーセルを仮定するのは、以前から日本で見られた社会妄想?である。90年代の『日本朝鮮戦争』、『ユギオ2』辺りはそのものだし、正規軍によるゲリラコマンドが主体とは言え、『宣戦布告』や『半島を出でよ』も影響を受けているようにも思われる。

「若杉の小説はそんなことより社会風刺が核心なのだ」と、反安倍で脱原発を選択し、『原発ホワイトアウト』を称賛した人達は言いたいのだろうが、無自覚は否定出来ない。

【原発警備は「政治的正しさ」(PC)を考慮した方が良い】

元々、三浦も昨年までは大阪のテロではなく、原発攻撃の脅威をPRしていたという。では、原発のような本当の重要施設警備にも政治的正しさ(PC)は考慮されるべきだろうか。

私は、一定の配慮は必要だと考える。ただし、そもそもの話として、警備の必要性を認めた上でのことである。対象が運転中か廃炉かは、当分は関係ない。「スリーパーセルなどいない。故に原発は丸腰で良い」という主張があるとしたら、流石にそれは間違いである。韓国では北の武装兵士が潜水艦で上陸してくた事例もある。スリーパーセルが居なかったとしても、テロ攻撃の脅威が無くなる訳では無いという事である。

とはいっても、毎回朝鮮総連に影響を受けた北のテロリストだけを想定したシナリオで訓練をしているとしたら、実際のテロ防備は却って穴があり、警備要員に差別思想を植え付け、危うくなる。この辺の事情は以前に書いた「共謀罪の根底にある差別思想は必ず福島事故のような惨事を誘発する」、「テロ対策を言い訳に反対派を追い出して爆発した福島第一原発」(注:長文)の通りだ。

では、どうすれば良いのだろうか。

解決策として、テロ実行者のモデル化する際、従業員による内部サボタージュや、日本人による協力者を設定すればよい。外国を絡めるとしても、武器のバイヤーとしての関与に留め、実行犯は日本人とするのが、常識的な配慮だろう。また、軍服を着ていないとしても、元々は本国で訓練された正規兵であり、最近日本に上陸してきたと設定するのも良いだろう。そういった想定は、在日の一般市民が急に目覚めるといった「スリーパーセル」とは言い難く、恐らく脅威度もスリーパーセルより高い。なお、外国の正規兵の話を書いたが、国内の人口比からも「在日の中で軍事知識に詳しく、武器の取り扱い経験がある者」より、自衛官、警察官の数の方が圧倒的に多い。よって、自衛官や警察官をテロの温床として想定するのはそう的外れでもない。

また、こういったバックストーリーをセットする際の配慮は、スパイアクションもののハリウッド映画などから、政治的正しさと向き合って成功した事例を参考にすれば良いのではないか。

【ネオナチおばさん三浦瑠麗】

なお、「実際にスリーパーセルがテロ攻撃を行った場合、お前は責任を取れるのか」という批判もあるので、まだ、誰も死んでいない内に、予め答えておこう。政府レベルで、在日全般への憎悪を煽るべきではなく、一部の例外として扱い(いわゆる周辺化)、融和の重要性などを強調すべきだ。率直な憎悪煽動は却って、第二のスリーパーセルや、国内対立の先鋭化をもたらすからだ。これは犯人の拘束・射殺とは別次元の問題である。

まぁ、教科書的回答ということになる。

そのような観点から見て、三浦の発言は只の虐殺煽動であり、二度とTV出演を許すべきではない。何故なら、仮にスリーパーセルが存在したとしても、その性格から一般人が事前に摘発することはまず不可能だからである。三浦の煽動を警鐘と称して有難がったところで、ネット右翼に出来ることは気に入らない者を在日認定し密告することだけだろう。要するに全てが無駄だ、ということである。

« 福島第一の敷地高を決めた東電小林健三郎とはどのような人物だったのか | トップページ | 筋の悪い運動論-くたびれはてこが正しくC4Dbeginnerは誤りである »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1666926/72929538

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦瑠麗が煽動するスリーパーセルへの反感と『原発ホワイトアウト』賞賛の矛盾:

« 福島第一の敷地高を決めた東電小林健三郎とはどのような人物だったのか | トップページ | 筋の悪い運動論-くたびれはてこが正しくC4Dbeginnerは誤りである »

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31