« 永久に「弾圧される側」を演じていたいのは原発推進側ではないのか | トップページ | 震災当日、原発について暴言を吐いていたのはJSFだけだったのか-f_zebra氏編 »

2013年8月14日 (水)

Zebra氏は安易な身贔屓が過ぎるのではないか。

前回井上リサ氏のツイートについて評したが、その過程で出てきたZebraというゼネコン業界上がりの人物がおり、こんなことを書いていた。

@f_zebra@nyyuka @seki 今時、ゼネコンから政治家へのキックバックなんてありません。工事の規模は魅力的でしょうが、鹿島にとってもリスクのある工事です。

そりゃまぁ、仮にあったとしてそんな話をおおっぴらにして歩く業界人は居ないだろうよ。問題は彼の言う「今時」が何時頃を指すのか、である。

実際には90年代一杯位まで、ゼネコン汚職は日本では一般的に見られたことであり、国会議員レベルへの波及もよくあったことだ。いやいや、2000年に入ってからも、森政権で建設大臣の首が1つ飛び、後任の扇千影大臣はマイナスイメージの払拭に必死だった。90年代半ばの日経コンストラクションで業界人への調査を実施したことがあったが、表に出せない自社関連の収賄について知っていると回答した者が30%だか50%ほども居た(巻号は忘れてしまったが、昔話を聞いてバックナンバーを読んだ覚えがある)。その位当たり前だったのであり、今大手、準大手と呼ばれる建設企業群は皆その時代に地歩を固めてきたのである。金持ちになってから奇麗事言ってもなぁ。

勿論、戦後の日本建設業は技術開発にも努力してきたが、華やかなイメージだけで全てを語れるものではない。Zebra氏は敢えて省いたのだろうが、典型的多重下請構造を持つ業界でもあり、下に投げる過程で面倒も一緒に投げ込まれる傾向があるという話は昔から問題視されてきたこと。勿論、2000年代以降は過去の反省の上に徐々に法制度の縛りがきつくなったとか、談合や献金のメリットが薄れたと言ったことはあるだろう。だが、名前を聞けば誰でも知っているような大手クラスですら、たかだか10年ほど前まで旧来的な因習にまみれていた業界である。建設業界上がりと公言する者が優等生的な回答をしても、逆効果でしかない。上から目線でのツイートなど、論外である。自分が働いてきた業界の名を出して提灯持つなら、勤務先出してみろと。それが出来なければ、所詮肩書き自慢の輩であろう。

※以前から方々で書いていることだが、私は自分の働く業界-原発ではないが-について明らかにしたことはないし、わざわざ一緒に働いた訳でもない同業の弁護をして先方に無駄な手間をかける必要も無い。勿論、尊敬すべき人とかは普通にいますよ。無闇に出さないだけのことで。何故彼等がそういうことをしようとするのか、あの自己顕示欲は不思議でならない。

また、Zebra氏の発言は福島第一の汚染水対策を議論する過程でツイートされたものだが、これは幾つかの点で間が悪い。

前福島県知事の有罪確定へ ダム工事めぐる汚職事件
2012.10.16 19:02

この汚職事件で2006年に福島県の知事が変わっている。失職した元知事、佐藤栄佐久の著書では自身は常に悲劇のヒーローとして描かれているが、実際には、原発に対して書生論的な問題提起を行う一方で、東電の金策には無関心だった人物である。『政経東北』など地元マスコミでは、昔から土建屋を含めて政治資金集めが上手いことが問題視されていた政治家でもある。

こうなると「今どき」などと簡単に切り捨てられるような話でもない。建設業と言う仕事はZebra氏の諸先輩が築いた「実績」のために、贈収賄に関してはたかだか数年で信用を回復できるレベルには到底至っていないと言えるだろう。技術もあるが、応分のアクもある、といったところだろう。

しかも、東電がそんな福島や佐藤栄佐久元知事に対して行ってきたことも褒められたものではない。電源三法が施行されたのは昭和40年代の末だが、それまでは地元への金は東電が直接億単位の寄付を重ねていた(例:『開発論集』第30号 北海道学園大1981年03月)。電源三法が出来た後も、毎年街路灯やら学校の調度品やらを寄贈することでアピールを図っていた。地元紙や自治体広報誌には全部載ってる話。原発増設やプルサーマルをやりたいためにJビレッジを寄付した話は特に有名。130億円だったか。そういう経緯が無ければ簡単に接収して事故対応の飯場に出来る筈も無い。原子力の仕事にも関わってきたらしいZebra氏がその話を知らないとは到底思えない。あと推進派がその話をすることって殆ど無いよね。あれって新手の言霊フィールド試験ですか。

一連の下らない寄付や交付金、税収等を少しでも意味のある津波対策に振り向けていれば、こんなことは起きなかっただろうな。電源車やポンプ、配電盤の予備なぞ、殆どが精々単価数億、物によっては数千万のオーダーだろう(M/C完全移設とか高台に大容量ガスタービン建屋とかはもう少し桁が上がるかも知れない)。建屋の水密化工事やD/G用のシュノケール追加工事だって要所に絞って行えばそれ程の金ではない。政府事故調委員が事故調解散後に出版した書籍などでもそういった海外の事例などが触れられている。

そうは言っても、過去の「政治家への贈収賄」に関して弁護出来る点もある。特に、鹿島建設。今回の凍結工法を受注するとされているが、元は1号機から6号機まで原子炉建屋の受注を独占したことでも有名だった。だが、政治家への献金によるものではない。1号機の時は敦賀で竹中に先を越されたこともあり、鹿島は焦っていたが、GE相手には日本流の談合や調整は通用しなかったからである。鹿島が突破口としたのは会長である鹿島守之助による「赤字でも落とせ」の一言。ここまでは純粋なプロジェクトX的な美談だが、献金ではないと思われる理由はその努力だけが根拠ではない。贈収賄について多少弁護出来る根拠は、鹿島守之助自身が自民党の参議院議員で、法学博士且つ外交史研究家だったからである。ま、渡邊美樹みたいなもんだな。政商。自分で直接ロビー活動出来るのだから、誰かに献金する前から他社より政治的アドバンテージがあるのは当然である。しかもこのおっさん、西ドイツに憧れて核武装夢見てたなぁ。あの赤字受注、他社から散々な評判だったみたいだね。

@f_zebraこれまでどの程度に汚染された水がどの程度の量漏れていたのか、今後対策が功を奏して流出量が減るのか、それとも裏目に出て逆に増えるのか、いずれにせよ正確な流出量をプラント側(陸側)から推定することは困難だ。海域のモニタリングを地道に継続するしかない。

その言葉は、是非石井孝明氏のような原発に好意的なマスコミ人にアピールするべきだろう。専門家たるZebra氏がまだ定量評価を「困難だ」と言っているのに、石井氏は早くも安全だと決めてかかりつつある(これの後半とかこれ)。正常な原子力の発展を図りたければ、そのような安易なツイートの乱発には釘を刺す必要がある。その上で時の経過を待ち、本当に止水出来れば後は減るだけなのだから一安心といったところか(あくまで一般論だが)。ま、味方を潰したくないから言えないのかも知れないがな。

コロラドさん、へぼ担当氏が何者か知らなかったんだな。知ったかぶりも相手を間違うと滑稽でしかない。@hebotanto さんの「2010/11/13 とある科学のレ…じゃなかった北朝鮮軽水炉談義」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/68651

いや?今じゃ知ってる人は多いと思うよ。最近このかた1Wも送電出来てないのに「発電所」とか称してるガラクタに勤務する自称電力会社の原子力部門社員でしょ?(軍事板常見問題その他で見た)。ネット上で方々に無駄な喧嘩を売って回る迷惑集団、軍事クラスタの一員でもある。へぼ担当って、他人に自慢してるその知識、どうやって手に入れることが出来たのか全く理解できてないんだっけ。その知識は大学や電力会社がへぼ担当に仕事をさせるために教育で下賜したものだよな。特に入社後はさぞ実務的な内容だったろうよ。しかし、主語を省いて読みにくい文ツイートするために与えたものではないわな。ついでに言えば、機微情報とやらを教育したのも、「私は機微情報を知ってるが言えません!」なんて下らない下心丸出しのためじゃぁない(機微情報だろうが社秘だろうが言えないなら最初からそんな話をする必要が無い。つまり只機微情報にアクセスできると言う自慢話である)。もっとも、へぼ担当自身は一生涯理解できそうに無いようだが。昔はmixiでもご立派な説教を垂れてたが、311以降お仲間の業界人と一緒にばっくれたんだってな。

そんなことばっかやって「津波が来ても大丈夫なのは確認済み」「シビアアクシデントも大丈夫」なんて豪語したのがへぼ担当。その結果があれではなぁ(核爆)。とぉっても難しい原子力の何ちゃら理論の理解度なんてどうだっていいんだよ。地球規模で大迷惑撒き散らした後にまだそんなことに承認欲求求めてるから冷笑されてんだろ。

第一、Zebra氏にせよへぼ担当にせよ、311の当日にコロラド氏のような対応が出来ていたのだろうか。

http://twilog.org/BB45_Colorado/date-110311
http://twilog.org/BB45_Colorado/date-110312

@BB45_Colorado現在の情報では、福島第一はLOCAに至る恐れあり。非常用発電機が起動しないというのはかなりやっかいな状態。posted at 17:51:25

へぼ担当は職務を言い訳に出来るからいいだろうけど、とっても疑問なんだけどね。

« 永久に「弾圧される側」を演じていたいのは原発推進側ではないのか | トップページ | 震災当日、原発について暴言を吐いていたのはJSFだけだったのか-f_zebra氏編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1666926/52872335

この記事へのトラックバック一覧です: Zebra氏は安易な身贔屓が過ぎるのではないか。:

« 永久に「弾圧される側」を演じていたいのは原発推進側ではないのか | トップページ | 震災当日、原発について暴言を吐いていたのはJSFだけだったのか-f_zebra氏編 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30